2012年

11月

05日

最後の晩餐

今日でイタリアともお別れ。

 

と言う事で悔いの無い様にお昼と夜としっかり食べておく!笑

 

お昼は 手打ちのトロフィエというパスタに野菜のソース SUGO DI CONTADINO

 

これに、フィカットレという揚げピザ生地パン とチーズと生ハムを挟んだもの。

 

それと、バックリブろトマトとグリーンピースの煮こみ(マンマ風)笑

そしてお昼も夜も飲んだパオラの弟さん(ピエロ→ワイン作りの名人)が作る美味しいワインと共に♪

LE RUOTE といって樽で寝かせてあり、カベルネなど数種のブドウが入っておりリゼルバ品。

 

これは個人的に TIGNANELLO にも負けない素晴らしいワイン!!!

いや~ホントに美味しい!!

 

最後の晩餐は我がチビッ子シェフと一緒に恩返し料理。

 

メニューは

 

ウズラの詰め物(レオンのリクエスト)

パスタペースト(ジェノベーゼ)

それとお肉の付け合わせに ポレンタ(姑さんの大好物を)などなど。。

 

ではではウズラの詰め物の作り方をご紹介しましょう。

 

まず、ウズラの手と背中の部分を切り落としてそちらはフォンド用にたきます。

(勿論イタリアはお肉は自分でさばきます。。。笑)

 

このように開いて中の骨を取り除きます。

 

おなかの部分に炒めたホウレン草とレーズン、サルシッチャ(生ソーセージ)を和えた物を詰めていきます。

詰め終えたらパンチェッタでぐるぐる巻いていきます。

そして、セージ、ローズマリー、ニンニクとオイルでマリネしてオーブンで20分程焼きます。

 

そして、フィンフェルリというキノコとフォンドを添えて出来上がり。

 

簡単ですが、美味しいんです~

 

白トリュフとかあると最高何ですが。。。。笑

左がフィンフェルリというとても香りのいいキノコ。

真ん中がポレンタ(トウモロコシの粉を炊いた物)チーズとオリオノ―ボ(しぼりたてオイル)で頂きます。

左がジェノベーゼ

 

今日も一日おなかいっぱい。。。。笑

 

帰りのズボンが既に入らない。。。。涙

夕食の準備中、窓を開けたら夕焼けがとっても綺麗で雲が真っ赤に染まってた。。。

 

なんだかちょっと切なくなる風景でした。

 

いっぱい食べたイタリア。

 

おじいちゃん。おばあちゃん。そして、お世話してくれた人達みんなみんなありがとう。

 

A PRESTO!!!

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    さえ (土曜日, 01 12月 2012 07:28)

    久々に、このサイトを訪れたらたくさんイタリアの旅行のブログが!すっごいたのしませてもらいました。
    私はここ最近、自分でCuban Breadを焼くことを始めたんだけど、未だ成功作なし。あなたの何種類もの違うパン、それも皆すごいおいしそうなできあがりに、うわーという声と同時によだれが垂れた。
    朝市の物の豊富さ、季節物を味わえる豊かさは本当にすばらしいね。私も日本に帰る前には、何を食べようかリストを作って帰るんだけど、きっとサッチもおんなじことして、イタリアに帰ってきたんだろうなと。サッチの朝市やマーケットに向かう興奮度に大笑いしながら読んだよ。
    本当に、あなたが近所にいてくれたら、料理教室に足繁くだろうに。来年帰国したときは、一日料理教室開いてください、お願いします~~。

What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから